キッチンや浴室・トイレなど、水回り設備には必ず排水口が備わっています。

水を使うということは必然的に汚水を生み出すことでもあり、上下水道は切っても切り離せない関係です。水栓器具等の設備は使用頻度が高いゆえに耐久性のある素材と設計を用いて製造されています。そのためトラブルが発生し難いものですが、排水口などの下水設備の場合は誤った使い方をするだけで不具合が発生しやすいのが特徴です。どのご家庭でも一度は排水口詰まりや汚水漏れを経験されているのではないでしょうか。

これらは一般家庭で特に起こりやすく、迅速に対処をしないと室内にまで汚水が漏れ出す恐れがあります。排水口詰まりや汚水漏れが起きた時、専門修理会社に依頼をするほか自分で修理をすることも可能です。自分で行う場合はホームセンターで「ラバーカップ」と「排水パイプ」を購入して対処をします。一見すると修理を自分でするのは難しそうに感じますが、特別な資格も知識も不用で女性でも簡単に取り掛かれます。

排水口の詰まりであれば、購入したラバーカップを排水口に押し当てて真空圧を利用する形で異物を下水道へと押しやります。この時1回ではなく数回連続して素早く押す・引くという動作をするのがコツです。汚水漏れの場合は洗面台やシンク等の水回り設備に備わっている排水パイプを新しいものに取り替えるだけです。排水パイプは結束バンドで固定されているので、ニッパー等でバンドを切断して新しいものを取り付ければ修理完了となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *