自宅のエアコンで水漏れトラブルが発生した場合、どのように対処したら良いのかを覚えておきましょう。

ドレーンホースに詰まりが起きたら、主に汚れやほこりが詰まることが原因です。また、虫が入り込んで中で死んでいるケースも多く、死骸の場合には取り除けば簡単に解決できます。詰まりを解消するための方法は非常にシンプルで、専用の掃除機で異物を吸い出したり、ドレーンホースクリーナーを利用することもあります。設置してから数年が経過しているエアコンの場合、徐々に汚れが詰まっていることもありますので、時々掃除をしましょう。

ドレンパンで水漏れトラブルが発生したら、汚れによって水の流れがスムーズで無くなっている可能性大です。ドレンパンが汚れたら清掃する必要がありますが、実はそのままでは清掃できません。オーバーホールしなければ洗浄できないためエアコンを分解しなければならず、素人にはややハードルの高い修理です。上手く本体を分解できたら、専用のクリーナーで洗浄してから元に戻しましょう。

ドレンパンやドレンホースに異常が無くても、室外機で水漏れトラブルが発生することもあります。室外機のトラブルの場合には、何らかの原因によって異常冷却されてしまい、熱交換器の中等の内部で結露が大量に発生して送風口から流れていると考えられます。このようなケースでは自力でできることはありませんので、早めに業者に依頼して見てもらうことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *