静岡のお風呂の排水口つまりが起こった場合、まずはユニットバスなのか在来工法なのかを確認しておく必要があります。ユニットバスは洗い場と浴槽の排水溝が繋がっていますが、在来工法の場合は排水口が2つ存在します。静岡のお風呂の排水口つまりは主に髪の毛や石鹸カスなどが原因で引き起こされます。排水溝でつまっているだけならまだ良いですが、排水管内部まで大量につまっていると解消するのが難しくなるため、日頃からメンテナンスをしておくのがおすすめです。

静岡で排水口つまりが起こった場合、最も簡単に解消する方法としてラバーカップを使用する方法が挙げられます。ラバーカップは一般的にトイレのつまりを直す時に使われるアイテムであり、使ったことのある人も多いでしょう。このアイテムを使えばお風呂でつまりが発生した時も解消することができます。ラバーカップは排水口にカップを密着させ、ゆっくり押し付けたら一気に引くだけです。

簡単に扱うことができますし、排水溝内部のつまりが引っ張り上げられることで水が流れるようになるでしょう。ラバーカップを使っても効果がなかった場合、真空式パイプクリーナーを使ってみるという方法があります。見た目はラバーカップと似ていますが、持ち手にレバーがついていてそこを操作することでつまりを引き上げることができます。ホームセンターなどで販売されているため、探してみると良いでしょう。

値段は2000円程度となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *